Geみゅーとlich。

ウミシズと申します。ファッショニスタでベーシストなダンスエースに堕ちました。じゅにあ初心者です。

Love-tune Live 2017がとにかく最高だった話。

 

Love-tune Live 2017」決定

 

そのメールを受け取ってから約3ヵ月、ついに行ってきました。それまではZepp DiverCityに足を踏み入れることになるとは思ってもみなかったけれど、最高に楽しくて最高に楽しかった話を残しておこうと思います。

先に行っておくと、本当にほんとうに楽しかったです。めそめそした瞬間が無かった。いや泣いたけど、泣いたけど!(笑)そういうことじゃなくて、涙腺ゆるゆるおたくは本当に幸せすぎてキラキラしてて楽しくって涙が出たくらい、”Love-tune”の名前の通り愛にあふれた空間のお話です。(最終日の10月20日に行ってきました!)

 

 

始まる前に曲がうっすら流れてるんですが、開演30分前くらい?に低めの音が「ビーン」とか鳴ってて興奮しました。曲とは違う楽器の音。ベースかな~~それとも全然違う機械の音かな~~なんでもとにかく始まる前という雰囲気ですでに高まる。

 

真っ暗になってネオンでできた”Love-tune”の文字が光りながら上がって、ライブがスタート!幕があいて、煽りからの安井さんのLove-tune 1st Live!!!!」の言葉はものすごく響いたなぁ。

 

CALL

安井さんパートの「埋もれていくような~」らへんで手をひらひらっと伸ばすのがとっても繊細な動きでした。手を伸ばした目線の先(下手方向)のさなぴーとアイコンタクトとってたのかな?ニコッとしていて2人の関係が好きだなぁって思いました。(曲中のアイコンが大好物だからそういうの大好き)

今回はえびぞりの器具(笑)は無くて、ドラムセットが乗った階段になってる台の周りに集まって身体を反らせて終了!

 

Finaly Over

サビに入る時にみゅさんめっちゃ跳ぶ!楽器持ってるとは思えない勢いでジャンプするし動くしでびっくりしました。あと、曲中にハイキックキメるベーシスト美勇人さんかっこよすぎて困る。いつもの靴の裏がこっちに見えるくらいのキックかましてました。この曲じゃなかったかもしれないけど、弾いてる時の首の動きとかもやっぱり踊る人でかっこよかった~~~リズムを常に感じている男。

 

T.W.L.

メンバーの名前を叫ぶやつが楽しい。単純なおたくだからそういうの好き~~~~!安井さんがどんどんメンバーの名前を言ってくれてそれをこっちがくりかえすんですが、「モーロ」\モーロ/のとこでモロさんがサックス構えて横向いた状態から名前を呼ばれたら顔だけこっちを向くっていう愛しい時間。その時のモロさんがめっちゃ笑顔で可愛かったです。あと全員分呼び終わった後、安井さんが「今日も!」\今日も!/「Tシャツ!」\Tシャツ!/「完売!」\完売!/「ありがとぉ~!!」\イェーーー!!/って言わせてくれて、なぜか私がめちゃくちゃ嬉しかったです。(デザイナーの妻ポジ)(違)締め切り前の漫画家みたいになりながらMyuto MoritaがデザインしたTシャツ。それを着て幸せそうに開演を待つ人や、袋に入ったTシャツを抱えていく人をこの数日間で何人も見かけていたので、その光景を思い浮かべて泣きそうでした~~~グッズ出させてもらえたのほんと嬉しい~~~~~~!!!!

もちろん、手に入らなかった人がいるのも分かっていて。ごめんね、、っていう言葉も言ってくれたけど、それよりも「俺らもっと頑張るから!」っていう言葉をくれたのがもっと嬉しかったし大好きだなぁってなりました。

あと、ラジオで言っていた「調子どうよ?」\どうもこうもないよ!/も成功して、ステージ上が笑顔になるのが幸せ空間でした。めっちゃ楽しかったからまたやりたい~~~!

 

明日のために

Aメロの\ヘイ!ヘイ!/がやっぱり楽しい!笑 あとは萩ちゃんパートの「目の前をさえぎる壁は~」のところで後半は「いいかお前ら~~~!」って熱血全力萩ちゃんになっていて、アツくて好き!顔が綺麗!(どさくさ)

 

ユメアイ殺陣の映像

頭を抱え込むところが一瞬映っていて軽率に倒れそうになりました。(しんどい)

 

烈火

最初にV字のフォーメーションで、センターの安井さんが「ハッハッハー」って笑い声をあげるんですが怪しくて強くて。衣装は大きくは変わってないのに世界観が一気に変わるのも素敵だったなぁ。他の6人も立ってるだけでめちゃくちゃに強くて、あの世界観でぶん殴られる感じ好きです。憑依系Love-tune。最初は歌いながらダンスしてて途中からバンドになるので4人が楽器の準備をするところがあるのですが、その時にあらやすもろで踊るところの振り付けで下手側から二人は腕?でリズムをとっていたように見えたのですがモロさんは肩でリズムとっててしんどくなりました。ダンス全然わかんないけど、なんか違った。どっちがいいじゃなくてどっちも好き~~~ダンスど素人の叫びでした。笑 あと、しの笛と三味線まで登場するとは思わなかった。爆爆爆

そして「クラクラして」がやっぱり最高でした。こっちがクラクラするわ、このやろう。(口が悪い)そして真田さんの「狂ってるんだ」が帝劇で見た時はかっこいい~……くらいだったんですが、今回はサイコーに狂ってました。(褒めてる)明るめになった前髪から覗く瞳が真っ黒でステキだった……

 

PSYCHO

クリエの和装ではなかったけど、めちゃくちゃに色気ふりまきながら踊るみゅさんがかっこよかったです……それしか言えない……Cメロの扇子を2人で構えてあけたらさなぴーって部分で今回は真田さんが階段に座ってらっしゃってですね、、そこも狂ってた……すごい好き……(そればっか)真田さんの狂ってる様子を目の当たりにした結果出てきたつぶやきがこちらです。

あとは途中でセンターに飛び出してきてガッツガツに踊る美勇人さんめちゃくちゃにかっこよすぎて最高でした。チョーイイ。扇子取り出すときの手元も美しすぎてチョーイイ。(語彙を失うおたく)

あ、いっこ思い出した。最後のほうでステージ前方に出てきて一列でバラバラに煽ったり軽く踊ったりするフリーなとこあったんですが、みゅさんめっちゃ扇子使ってた。それ普通に涼んでない?ってくらいにパタパタしてました。笑 もちろんガンガンに歌ってるし気を抜いてる感は無いんですが、上手でひとりめっちゃパタパタしててなんかちょっと可愛かったです。みんなこうなのか?ってなって他のメンバーを見たけど、隣の顕嵐ちゃんがちょっとだけ扇いでるくらいでそれ以外は全然だったよ!どうした??暑かった???笑 あとは真反対にいた安井さんも軽~~く扇いでいたけど、こっちは妖艶さがすっごい。笑 一瞬あのクリエの花魁衣装が見えました。

 

Otherside

ハンドサインが~~~楽しくて好き~~~そして零に身を任せる美勇人さんサイコーしか言えない。なんか、、、ノッてるって言葉がぴったり、なのかな。あと、Hey Just stay~で順番に人が入ってくるとこ、最上手・最下手がスタートで内側にどんどんくるの好き~~そういうとこオタクの好み突いてくるよね~~~好き~~~

 

小MC

みんな声出てるね~~っていうくだりで、顕嵐ちゃんから「耳おかしくなりそうだよ。」「俺たちの耳、オカシクして♡」ってお言葉いただきました~~(表記はその時の空気を忠実に再現しているつもりです。笑)それに対して「なんか卑猥に聞こえる。笑」っていう安井さんもふくめてまるっと好き。爆爆爆(ちゃんと否定してた真面目顕嵐ちゃん。笑)

 

君だけに

ちょっと、ほんとに、翔希~~~~~~好き~~~~~(でた)サックス、ほんと素敵でした。先に言っとくとちょっと長くなります、すいません。笑

モロさんのサックスソロから始まるこの曲、この前に何曲もやってて音出しもままならない状態でいきなり吹くってだけですでに状況としてはあまり恵まれたものじゃなくて。楽器をあっためたり、リード(吹く時に口つけてる部分に必要な薄い木の板みたいなやつです。湿気とかいろいろ気を付けながらの管理が必要で、さらに音の出にも関わる大事な部分)もいきなりくわえてすぐ音出すってのは難しいもので。そんな中でZeppのステージ・そして無音の中のソロ。

1回目は高いBの音が上手く出なくて仕切り直しに。その部分で笑わずに見守るメンバーも、笑って空気を和ませようとするメンバーも、どっちもいるのがLove-tuneの好きなとこだなぁと思ったりとか。ちなみに「みんなの緊張をほぐしたんだよね?」「今ので緊張ほぐれたよって人~~~??」\はーい!!/「よかったねらぶとぅーんのファンみんな優し、、って練習すんな!笑」ってくだりがありました。(安井さんがファン優しいっていってる時に小さく音出ししてたモロさん。笑)

私はピアノと管楽器の経験しか無いので弦はどうか分からないんですが、管楽器は楽器の種類によって出やすい音・出にくい音(綺麗に響かせやすい音・響かせにくい音)がありまして。ボタンを押せば、息を吹き込めばどの音も均等に出てきてくれるっていうわけではないんです。B(Hともいう。ドレミで言うとシの音です。)はサックスには出しにくい音。吹奏楽始めたばっかの中高生とかならまずEメジャー(”君だけに”の調です)の曲は音がとっ散らかるから吹かせないなぁ。笑

これを武器のひとつにしてやってこうって言って、レッスンや練習も重ねてるはずなので、始めたばっかの中高生と同じ扱いをするのは失礼だと思うしそういう扱いをしようとも思いませんが、やはり始めたばかりなのは事実で。でもそういう始めたばっかだから、、とかいうこと無しに、2度目に始まったソロはとっても綺麗でした。しっかりとモロさんのサックスの音が前面に出てるのってT.W.L.とかMake itとかだったと思うんですが、どっちも種類としてはまっすぐの音でした。それが今回はバラードでものすごく柔らかい音色。まさかと思いましたがちょっとずつビブラートも効いていて、ぶっちゃけ動揺しました。「え、ビブラートかけてる???待って、え、え、」ってかんじ。笑 これは好みの話になってきちゃうんですが、今まで出会ったサックス吹きによくいたビブラートをゴリゴリに自慢してくるビブラートゴリ押し系のビブラートではなく(やめなさい笑)、音を丁寧に紡いでいくっていう感じで、めっちゃ好きでした。それに刺激された涙腺ゆるゆるおたくはまた泣く。笑(注意:みゅ担)

まだ話すんですけど、モロさん音程めっちゃいいですよね???(突然)

演奏する前って一応チューニング(音程が合っているか確認すること)はするんですが、いかんせん温度やマッピの噛み具合とか色々によって音程って変わっていくもので。ステージ上でチューナー(音程のズレ具合を見る機械)を使うわけにもいかないから本番は自分の耳が頼りだと思うのですが、モロさんはそれがものすごくしっくりくる。歌の時にも音程がずれてるなぁってのがほとんど無く心地よいゾーンにぴたっと寄り添うような感覚があると思っていたんですが、そのピッチの良さが楽器にも出てるなぁと思いました。どこまでもカッコイイ男だな!!好き!!!!(キレる)

有名な曲をバンドでやるって言ってたけど(その節はガイドさんありがとうございました、もはやライブのパンフレットかのようにじっくり読んでライブに挑みました。)、この曲だったか~~ってかんじです。もろやすのハモリも素敵だし、これはぜひ秋から冬にかけて何度も聴きたいから、、どうしよ、どこにお願いしよ、、少クラさんかな?情報局かな?とにかくお願いします……!

 

Heavenly Psycho

あったかい。じんわり。みゅーさんのソロパートもあったかい。これを実際に生で聴くのは初めてだったんですが、Love-tuneがこの曲をものすごく丁寧に・大事に歌ってる感じが伝わってきました。

 

GREATEST JOURNEY

めっちゃ好き。そもそも曲が好き。知識不足なおたくなのでセトリを予習して知らない曲は聴いてから挑んでたんですが、この曲ものすっごく好きになりました。明るいんだけど、キラキラと共にちょっと甘酸っぱい感じのする曲もってくるの上手いなぁ~~さすがLove-tuneだわ~~(白旗)だいたい真ん中ぐらいの位置にいたのでステージだけでなく前のほう半分くらいのお客さんの様子まで見えたんですが、タオルがバババっと上がって全体で楽しんでる景色良かったなぁ~~~今回は雪ん子スタイルキントレタオル(懐かしい)を持ってったけど、次は絶対らぶとぅんタオル出そう~~~!!(言霊)

そういえば、途中モロさん歌いながら亀ちゃんの動きの真似してなかった?気のせい?笑

みゅさんはベース弾いてたからタオル振り回しは無かったんですが、お立ち台からたっくさんファンのほうを見てました。足元のほうにいたファンを見ながら「ふぇ!?だいじょぶ??キャハッ」って聞こえてきそうなくらいキュートな顔してたけどなんだったのかなぁ?笑(めっちゃ可愛い顔してた。好き。)

 

NO WAY OUT

ペンライトがすべて消えて、一斉に手が挙がっていく景色はやっぱり最高でした。EXでも見た景色だったけど、Zeppはやっぱり横に広くて沢山人がいるぶんさらに素敵だったなぁ。終わった直後客席が真っ暗で、それを見ながら嬉しそうに「すごい、暗いね」って喜ぶ顕嵐ちゃん人類で一番愛しかった。(担タレ)

 

 

 

MC

全部は覚えてないから残せないのですが、記憶にあるぶんだけ。

「本番前に謎の呼吸法してるよね」「あれやってやって!!」と安井さんに無茶ブリするいたずらっ子はぎみゅ。爆爆爆 ちなみに四つん這いになって息を吸ったり吐いたりするやつだったんですが、カメラさんが正面から撮ってくれるもんだから、モニター見ながらつい「えっろ、、」って呟きましたゴメンナサイ。(自首した)終わった後におかえり~ってしてくれた安井担に向かって「ちょっと、有料だった。あれは有料のやつ。」って言いました。(やめなさい)

見学に来てくれた人の紹介に入ろうとして「ちゃんとしたぁ、はなしをしましょお。」がめちゃくちゃにひらがなでびっくりした。仕切り直しがひらがな。可愛すぎる。爆爆爆

風磨くんが「らぶちゅーん、、」って言っちゃったときに\あぁ~~~~!!/って言ったら「俺の中ではずっとらぶちゅーん」って返してて、なんかわいわい感が楽しかった思い出。あとは「美勇人、前髪どうしたぁ~??」ってのから髪いじり始まってめっちゃ可愛かったです。あと、「しもだかげきみたいになってる。」って言われ、めぐりめぐってかげき兄さん本人に届いてるのめっちゃ現代ってかんじ。ミュートって読むんです……ありがとうございます……笑 あとその続きで「お前が言ってた意味が分かったわ、こうやってかきあげる時とかめっちゃかっこいい」的な感じで狙いをガンガンにばらされ、「ぜんぶゆうじゃん、笑」ってなってて「バカにするけど真似する」って言うのもほんと可愛い。ふまみゅキャンキャン言ってるの可愛い。

「風磨はドラマが……」風磨「萩ちゃんはドラマーだけど、俺もドラマが、、」って言われて「ん~~~難しいっ」ってにこにこしながらキラーパスを処理しきれない萩ちゃん顔が綺麗。(そこかよ)からの、ながつがふまたんのドラマ見てますって言ったらふまたんに「お前ライブに集中しろよ」って言われて、食い気味に「今は観てないっすよ!」って言っててみんな(((そういうことじゃない……笑)))っていう笑いが起きてて可愛すぎました。

7人でご飯食べることも多いよねってくだりで人数多いから3・3くらいに分かれるみたいな話になって。(その時点で3・3って1人どこ行ったよ??ってなってたんですが。笑)それぞれ何を食べるっていう話で、さなもろ/あらやすがまず分かれて。その話をしているときにひょこっとみゅさんのほうに移動してきて小声で何かを確認してるれおれお可愛い。「おれら一緒っすよね?」ってかんじだった。ちなみに「おれとながつはイタリアンが好き」だそうです。好き。(なんでも言う)

この日一番と言っていいほど笑ったのは、それぞれペアで何を食べてるか言い合った最後に、「一方そのころ萩谷はひとりファミレスに~」って満を持してカットインしてきた萩ちゃんでした。”一方その頃”が流行るTLイトシイダヨー。笑

そこで「一人で行くの?ファミリーレストランだよ?ソーローレストランじゃないよ??」「え、一人ファミレスできる?できる人~~~??」\はーい(結構多い)/ってくだりがあって、「みんなハート強いね?」って言われたんですが、そうでもないよ!!笑 あとその時に「いけるよねぇ?」ってお目目まんまるにしながら客席のほうみてるみゅーちゃん可愛かったです。みゅさんは一人ファミレスいける。(メモ)

あと魔女宅ゲネプロを見に行った時にモロかと思ったらあばれるくんだったってくだりで、最初は「あばれるくん似のモロでしょ?」って言っててれおれおがリアルにあばれるくんに遭遇したと思って聞いてなかったらしく、本当に本人だったと分かった瞬間めっちゃびっくりしてお目目まんまるでした。かっっわいい。

あとは、MCでめっちゃかわいい安井さんいました。

この「い~~」ってやる安井さんのモノマネも習得したので、今後お会いするかたにはいつでも披露します。今のとこレパートリーは暗がりでスタンバイしながら片方だけ口角あげる北斗くん(北斗のオンナに披露したら「めっちゃ想像できる!」と公認を頂きました。爆爆爆)と、長身イケメン(主にれおみゅ)に自然にボディータッチしたりマイク届かないきゅるるん♡をする安井さんとの3本立てです。爆爆爆

 

あとは、MC後半になって丸ちゃんが!!!!!来てくださって!!!!!紹介された瞬間、横にいた萩谷担に向かって「やったぁ、、、、泣」って言って崩れそうになってました。ベースのつながりが増えたかなぁ、、前日に山口くんが来てくださってるのも含めてほんとに嬉しい、、、泣

そこで「緊張しすぎてこんなんなっちゃうよ~」って言ってロボットみたいな動きしてたんですが、ちょっと離れたとこから上手に並んでるみゅうたろうが「なになに?もっかいやって??」って言って。萩ちゃんは同じこともっかいやったんですが「2回目はすべるからぁ~~!」ってなってましたかわいい。笑

MCあたまのくだりとセットで萩安やりあい可愛い~~みたいになってますが、どっちもけしかけてるというか加勢してるみゅーさんいたずらっ子すぎて好き。爆爆爆

 

 

君と...Milky way

優しい~~甘い~~最後のほうのファルセットのところでモニターに抜かれた顕嵐ちゃんの苦し気な表情が美しかったので映像にならないのは人類の損害なので偉い方は直ちにどうにかしてください。笑

 

さなみゅの前に安井さんのミニDJみたいなとこあったんですが、ミルキーウェイ終わって自分でDJセットを動かす安井さんめっちゃちんまりかわいいでした。そのあとのDJプレイのとこはYASHUIさんだった~~フゥー!

 

&say

めっっっっっっっちゃくちゃにかっこいい。

最初に2人が立ってて、白っぽいライトがあたってサイドの壁にシルエットが映ってたと思うんですが、あれは狙いだったのかなぁ?私も気づいたのが遅かったというか見えたのが一瞬だったので(めちゃくちゃステージをガン見してて視界の端でちらつく影に気づけなかった)がっつり見たかたがいらっしゃったら教えてほしい。あんまり自信ない。笑

ダンスがすごくて。とにかくダンスが。私の感想としてはシンプルに

これです。あれは変態。(褒めてる)

入る前にZepp済のみゅ担さんにお会いしてカッコいいポイントを教えていただいてて、ある程度かっこよさは覚悟して挑んだつもりでしたがそれをはるかに超えるかっこいいの供給でした。

ステージ上に出てくる時から、いい意味でみゅーさんがニヤニヤしてて。お互いを煽り合ってる感じがめちゃくちゃに好きでした。Aメロ?歌い出しがさなぴーだったんですが、そこの後ろで踊ってるみゅさん既にしんどい。ほんとガツガツ踊るんですが、随所にしなやかな動きが入っていて、しなってるというか曲線美。あとはふわっとしてる部分と急に加速する部分が混在してて惹きこまれないわけがなかったです。そして楽しいが抑えきれてないみゅさんの笑みを見てめちゃくちゃに幸せな気持ちになりました。

キラキラアイドルモードからとびぬけたように見えたみゅさんでしたが、Aメロ後半の意味ありげな~のとこで「キミ」が2回出てくるうちのどっちかで指でくるっとをしていました。どっちだったか忘れちゃったけど確実に1回はくるってしてたんだよなぁ~~~!あんなにガツガツ踊っていて、私はもはや「こっちを置いてってくださいこちらは全然それでも構いません。」くらいの感じだったけど、置いてけぼりにするんじゃなくてものすごい勢いであっちに引き寄せられました。「ついてきてる?おいで?」って言われてるようなかんじ。めちゃくちゃ高速マルつけ(笑)だったけど、流れるようなダンスの中でそれ入れてくるか~~~ってなりました。アイドル森田美勇人にまた惚れ直した瞬間。

(5!)(4!)のとこで(2!)のYou keep~のファルセットみゅさんめちゃくちゃにしんどくて困りました。夏にクレアバを聴いて完全にみゅさんのファルセット厨になってしまいまして。えぇ。笑 ファルセットで歌いながら横向きになって上半身を折るみゅさんすごく美しかった……

そしてYeah~~~で終わるかと思いきやそこからガンガン踊る。爆爆爆 めちゃくちゃに踊ってました。あれは映像が欲しすぎる。情報局さんお願いほんとに。(切実)

あとこれは急に思い出したんですが、衣装って着こなすものなんですね……!今まで「綺麗な衣装だなぁ」とか「この人の個性にあわせて作ってあるなぁ」とかは思ったことあったけど、こんなこと感じたのはみゅーさんが初めてで。最初上着を肩落として着てて、その着こなし具合が「モデルだ……!!」ってなりました。ダンスの話もベースの話も聞きたいけど、衣装の話も聞きたくなるなぁ。雑誌とかで聞けますように!

 

Will be all right

VTR使わせてもらってるのすごいな~~~~!ほんっとに。終わった後のツイートで分かったんですが陸上部のスタッフさんもライブにいらっしゃっていたようで、もろれおはじめLove-tuneが多くの人に愛されているのが伝わる時間でした。あとはれおれおの歌い出しが好きだったなぁ~優しさあふれる歌声だった印象。最初はジャージの前をしっかり閉めていて、

こんなかんじで黄色いユニフォームをばっちり見せてくれてました。7人集合した時のきゅっと集まる感じもおたくのツボがわかってる!らぶさんそれ自然にやってるの??それとも計算??どっちでも好き!笑

 

前向きスクリーム

とりあえず、これに尽きます。とにかくキャッキャしてた可愛い。エイター萩ちゃんに負けず劣らずのはしゃぎっぷりでした可愛い。夏のEX同様にでっかい風船を投げてたんですが、返ってきちゃった風船に自分でもってた風船をぶつけてまた戻してるのも可愛い。笑

 

SHE SAID

萩ちゃんの氷割るくだり(けいご~~~って呼ぶの楽しかったよ♡笑)から、階段のセットごと前進してくるLove-tuneがすごく強くて好きでした。雰囲気がギラギラしてた。Love-tuneが特効もバリバリ使うようになったらどんな景色を魅せてくれるんだろうって思うようなかっこよさ。座ったり立ったりしてるだけでキマるってみんなビジュアルが良すぎるな。笑

 

ONE DROP

やすあらハモリが心地よかった~~なんか、今までの”安井さんと顕嵐ちゃん”じゃなくてLove-tuneのボーカルの声って感じかなぁ……うまく言えないけど。笑 あと安井さん声色っぽい!ずるい!笑

 

これはひたすらにパワーが凄かった。気合い・気迫・覚悟、、そんな感じ。

なんかもちろんらぶさんたちいつも全力なんだけど、この曲は特に命を削ってパフォーマンスしているっていうのが合うかもしれない。やるほうも聴くほうも、っていうかもはやその境目が無くなりながら、魂がぶつかり合う感覚は初めてだったかも。すごかった、ほんとに。イントロ始まった瞬間からゾクゾクしてて、転調してからはLove-tuneの強さに圧倒されてぼろっぼろ泣いちゃってました。こんな景色見られるんだ、っていう涙。最初にもいったけどめそめそじゃなくて!らぶとぅんサイコーっていう涙!だよ!!笑

みゅさんロックオンっていうより、無意識のうちにステージ全体を見てたなぁ。沁みた。

 

 

安井さんのあいさつ

しんみり聞いちゃったけど、安井さんの目から涙はこぼれてなかったです。最後の最後でちょっとだけ鼻をすする音が入っちゃって、それでこっちはうぅ~~ってなっちゃったけど!笑

あと、この挨拶中にピンク衣装のジャケットを着るのも好きでした。次の曲はやっぱりピンクが合う!

 

This is Love Song(新曲)

1番はしっとりあったかい。言葉を届けてくれる感じ。「好きなんだよ」の破壊力!!!早く少クラさんください!!!2番はテンポが上がってポップになってほんっとにアイドル!THEアイドル!好きなっちゃう♡な安井さん最強でした。ラップのところでみゅさんからのあらみゅになるんですが、そこのみゅーさんにやけすぎ!顔緩みすぎ!わかるけど!笑(デレデレになるとこ好き)ダンスの中にはわかりやすい手振りもたくさんあって、コンサートでみんな一緒に踊れるようになってるのかなぁって思いました。L字作って動かすやつとかハートつくったりとかあった気がする!やりたい!

あとは、最後のほうに「Baby Baby泣かないで」っていうところがあって。幸せすぎて泣いてた時にキラッキラのアイドルスマイルで歌うのずるいよ~~~

あんなにぽろぽろ泣きながら笑ったのは初めてでした。

 

1人ずつあいさつして終了!

 

 

ビートくんが喋る映像が流れました。トランプのカードみたいなのにアニメ風な7人の写真が出て動いて喋って。とっても可愛いしこんなのも作ってあるんだっていうのが一つひとつすごいと感じながら観てました。Love-tuneのためだけのいろいろ。

 

アンコール

Dye D?

ずるい!!!!!!これはずるすぎる!!!!!!最初の歌い出しが萩ちゃんなんですが、そのあとのみゅさんが真ん中に立った時に周りがみゅさんに向かって手を伸ばすのがめちゃくちゃセクシーで好き。あとはAメロ始まってからのところれおれおだったんですが、バーンと出てきたときに派手でいいなぁって思いました。サビで「ブンブン……」を歌いながら踊るみゅさんも色っぽかった~~~

安井さんの血を吸う顕嵐ちゃんのとこはZepp割れた。あれはキャーっていうか悲鳴。爆爆爆

最後の最後に口元に手を添えて(しかも白手袋してる)終わるのは、みゅさん自分の魅せ方わかりすぎててしんどいです。

衣装に関してはひらひらお袖とか手袋とかいろいろえぐってくるフルコースでした。ありがとう。笑

 

MU-CHU-DE 恋してる

「その手をつかめ」のガオガオやってたんですが、白手袋つけてるもんだからさらにしんどかったです~~~(完敗)あとははぎみゅのお姫様だっこが!むり!お立ち台にいたみゅさんが完全にみゅーちゃん顔(笑)で台を飛び降りてるんるんしてたので、何かとおもったら萩ちゃんへ一直線でした。一緒に並んで歌ってからのお姫様抱っこ(される側)なのしんどすぎ。で、だっこされた側なのにおろされてから「つかれた~~」みたいにしてるのなんなのワガママ姫じゃん可愛い。(ん?)

 

言葉より大切なもの

歌って!のところで全力で歌ったし、Wow wow~のとこも文字通りお互いに”出し切った”ので、終わった後に息切れしてました。この曲でこんなに息切れしたの初めてです。曲が終わったらハァハァいってる音しか聞こえなかった瞬間がありました。ステージ上もこっちもハァハァしか出てこないくらい全部出し切ってるなんて経験無くて。笑

またハジメテをLove-tuneに奪われちゃったよ安井さん!爆爆

あとラップ前のとこ拍が少し変則的になるのに、そこで「さなぴー」\さなぴー/「みゅーと」\みゅーと/って入れてくるモロさんぶっちゃけちょっと難易度高めだしそれにちゃんとついてくらぶ担も好き。笑

 

 

Wアンコール

ほんとは一日に1回しかできないやつ2回やってくれました。笑

「いけるかみんな~!」って安井さんが言った後に、メンバーのほう見て「いけるかLove-tune!!」って言ってる光景がすごく好きでした。楽器隊が自分の楽器で応えてたのも好き。

CALL

最初の「オーマイ(ガッ)」で言わずにべーってしたの天才すぎてもはやこっちから手のひらの上で転がされに行きました。笑

さなみゅアイコンは1曲目の時と同様にありました。

ほんとアンコールの時はにこぉぉぉで可愛かった……

そんなさなみゅですが、”アツい男”真田さんはやっぱりアツかった。Moving on&Moving onからおでこをぐりぐりし始めたさなぴーとそれに応えるみゅさん。みゅさんパートになったら背中合わせになって今度は後頭部をぐりぐりするもんだからみゅさんのお目目がこぼれるんじゃないかぐらいびっくりしながらもニコニコになってました。受け止めるのに必死なみゅさんも可愛くて良かった。笑

 

 

最後のさいご、7人が手をつないで「もっかい名前呼んで!」ってなった時にさなみゅが楽器を後ろに担いでるとこがお揃いでなんかいいなぁって思いました。漠然としてるけど、なんか好きでした。笑

あと「俺たちとみんなで~」って急にマイク無しの地声でやるとこね!安井さん!ずるいね分かってる!好き!爆爆爆

 

 

 

 

 

Zeppの思い出話は以上です。人生で初めて入って思ったけど、Zepp DiverCityすごい~~あんなに音がぶつかってくるというかガンガン音が降ってくるようなのは初めてでした。

あとは、今までライブって結構「あぁ終わっちゃう、、寂しい、、、」って気持ちがちらつくものだったんですが、今回はそれが一切なかったです。「全部出し切れるか!!声出せんのか!!」ってたくさん言ってくれてほんとに全力出し切って、さなぴーが後悔ないように(ニュアンス)って言ってたけどほんとに何にも後悔のないサイコーのライブでした。

あいさつで安井さんの目からこぼれなかった涙、「改善点が見つかった」っていう萩ちゃんの言葉、7人の笑顔から、ここはゴールじゃなくて通過点なんだなってことを感じました。本当にほんとうに楽しかった。

終わって最初のツイートなんだったかなって探したらこれだったくらい。笑

最初に書いてたけど、本当に愛にあふれた空間で。クリエの時に見学にいらっしゃってた戸塚くんが「名前に”Love”って入ってるのはすごいことだよ、素晴らしい名前だね。」って何度も言ってくれてた意味がだんだんと分かってきた気がしました。Zeppのあの空間とZeppに居るいないに関わらずらぶのこと好きな人みんなの中にあったのは愛だね。あ~~これあとから読んだら恥ずかしくなるやつ~~!笑 でもこういうこと言いたくなっちゃうのがLove-tuneなんだよなぁ。笑

 

 

あ~~ほんっとに楽しかった!みゅさん好きになってよかった!以上!